Skip to main content

Puttyパスワードの入力を省略できるSSHの簡単な接続方法

PuttyでLinuxのSSHに接続する場合、毎回パスワードを入力する手間をなくすため、パスワードを省略できる簡単なログイン方法を紹介します。

利用ソフト

以下の二つのソフトを利用します。ダウンロードページはこちら(英語)。

  • putty.exe
  • puttygen.exe

どちらもダウンロードしてそのまま実行でき、インストールは不要です。

概要

下図のような方法で、とても簡単です。

ssh_key

puttygenで秘密鍵を作成する

puttygenを起動して、①の「Generate」ボタンを押します。秘密鍵の内容を決めるために、マウスを②の範囲内で、秘密鍵の作成完了までランダムに移動し続けます。

puttygen

作成完了の画面から、秘密鍵を全選択してコピーします。さらに「Save private key」を押して秘密鍵のファイルをローカルに保存します。

puttygen_2

秘密鍵をLinuxサーバーに保存する

Linuxサーバーにログインします。~/.sshフォルダーに移動します。~/.sshフォルダーが存在しない場合、mkdirで作成してください。

cd ~/.ssh

authorized_keysという名前のファイルを新規作成して、秘密鍵を中に貼り付けます。(ファイルが既にある場合、最後に新しい一行として貼り付けます)

sudo nano authorized_keys

編集後の画面は以下の通りです。

save_key

Ctrl+Xを押す、Yを押してauthorized_keysを保存します。

puttyで秘密鍵を利用してログインする

puttyを起動して、接続先情報を設定します。左側のConnectionのDataを選択し、「auto-login username」にSSHのログインユーザー名を入力します。

putty_loginname

ConnectionのSSHのAuthタブを選択し、先ほど保存した秘密鍵のファイルを指定します。

putty_ppk

次回の利用のため、putty設定を保存します。

putty_save

保存した設定が一覧に表示されます。設定の名前をダブルクリックするとSSH接続とログインが自動的に行われます。

正しくログインした場合、puttyの接続表示は以下のようになります。

login_success

以上。

Jing

撮影に興味を持つ猫と電子工作が大好きプログラム歴が17年のIT技術者。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *