Skip to main content

Minicat画像一括処理ツールを活用して個人情報を守りましょう

デジカメや携帯電話を使用して写真を撮った場合、 写真ファイルの中には撮影した日時やデジタルカメラの機種、絞り値、画素数、 ISO感度、色空間、といった情報もまとめて記録されています。このようなデータを写真ファイルのEXIF情報と言います。

特に、GPS機能が搭載されているデジカメや携帯電話で写真を撮る場合、GPSの現在地情報も一緒に保存される場合があります。EXIF情報の付いた写真をブログなどに掲載する場合、あなたの個人情報が簡単にわかってしまいます。このようなことを防ぐために、EXIF情報を削除したほうが良いでしょう。

1.EXIF情報の削除

unvell製Minicat画像一括処理ツールでは、写真の縮小処理をする際に、 EXIF情報のコピーと削除も指定出来ます。
以下の設定でEXIF情報を削除するように行うと個人情報も一緒に削除されることができます。

「EXIF情報」の設定画面で、「コピーしない」を選択してください。(デフォルトは「全てコピーする)

exif_copy_screen_exif_del

2.EXIF情報の確認

写真にEXIF情報が付いているかを確認したい場合、写真ファイルを右クリックして「プロパティ」をクリックしてください。EXIF情報が入っていない場合、プロパティのリストに何も表示されません。写真ファイルを右クリックして「プロパティ」をクリックする。

windows_properties

EXIF情報が入っていない場合、プロパティのリストに何も表示されません。

exif_diff

ダウンロード

ダウンロードはMinicatのダウンロードページにて可能です。


最後更新:2015/7/16




Jing

撮影に興味を持つ猫と電子工作が大好きプログラム歴が17年のIT技術者。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *